男の悩み

包茎手術の費用【男の自信を今すぐ手に入れる】

投稿日:

包茎手術の費用について

包茎手術の費用についてお答えいたします。
ズバリ、30.000円~包茎手術を受ける事が可能です。

ABCクリニック 包茎手術が30.000円より受けられます。カードもOK 詳しくは公式サイトへ⇒ABCクリニック美容外科
上野クリニック 長年の実績で好評包茎手術が72.000円。詳しくは公式サイトへ⇒上野クリニック

今やらないでいつやるのですか?
彼女が出来る前に手術するのがベストです。
また、自信がもてるので彼女ができやすくなります。(管理人体験談)
※当サイトは長年の実績がある安全なクリニックのみご紹介しています。

包茎について

包茎手術の費用【男の自信を今すぐ手に入れる】 包茎とは勃起していない時に亀頭が包皮に包まれる状態を指します。
ペニスは陰茎と亀頭に分かれており、陰茎の表面は皮膚で覆われています。
幼児期は亀頭が包皮と癒着しておい、学童期になって癒着が取れ始めます。
思春期になると自然と亀頭が露出しますが、陰茎と亀頭があまり成長しないと完全に露出することができません。
よって包茎の人はペニスが短小であることが多いです。
病気ではありませんが、包皮線の分泌液や尿が亀頭と包皮の間に溜まりやすいので、不衛生になりがちです。
常にジメジメと湿っており、細菌が繁殖しやすいです。
特に尿道炎や尖圭コンジローマに感染するリスクが高いです。
また早漏の原因にもなります。
性行為の時に包皮が激しく上下すると、より強い刺激が加わります。
さらに普段包皮に覆われることで亀頭が刺激に弱く、性行為の少しの刺激で射精してしまいます。
最も多いタイプが仮性包茎です。
勃起すると自然と露出する場合と勃起時でも皮をかぶったままの重症度の高い場合があります。
平常時にも手動で剥けば露出させられるのが、カントン包茎です。

日常生活で問題はありませんが、無理やり剥くと出口が狭いので元に戻らないことがあり、ペニスの腫れを引き起こします。
包皮の出口が非常に狭く、手で剥くことができない真性包茎は、通常の性行為ができないので手術を行います。
衛生状態が最も悪く、陰茎ガンを引き起こすこともあります。
日常生活にも支障が出るほど症状が重いため、手術では保険が適用されます。
手術では手作業で包皮を取り除き、亀頭を露出させます。クリニックによって方法が異なりますが、患者に合わせた手術方法を提案するので安心です。
基本的にカウンセリングを受けてペニスの状態や予算、希望などを考慮します。
手術自体は簡単であることが多く、入院はしないでそのまま帰宅できます。
ただし手術を受けた日はシャワーを浴びることができません。
1ヶ月間は性行為や自慰行為は禁止で、お酒とタバコも控えます。
これらの行動は傷口を広げて治りを遅くする原因になるためです。
痛みの感じ方は手術方法や個人差がありますが、手術後1ヶ月~2ヶ月経っても引かない場合はクリニックに相談します。
クリニックを選ぶ時は熟練した医師だけでなく、アフターケアが万全であることが大切です。
日常生活に影響がない人も、手術をすると見栄えが良くなるなどのメリットがあるため、保険適用外ですが人気があります。

仮性包茎は気になるなら手術するのがベスト

包茎手術の費用【男の自信を今すぐ手に入れる】 仮性包茎とは、包皮が余っている状態で亀頭をいつも露出しておく事が出来ない場合の事を言います。
日本人男性にも多い包茎となっていますが、この場合は包皮口が狭いわけでは無い為に包皮を引っ張れば簡単に亀頭を露出する事が可能です。
包皮がかぶったままにしておくとどうしても中に汚れが溜まってしまいニオイや炎症の原因となってしまう場合もある為、きれいにしておく必要があります。
ただ性行為に関しては何ら支障があるわけでは無い為、何も処置をしなくても健康被害等が起きてしまう事もまず無く、放置している人も少なくありません。

とはいっても、やはり包茎の見た目がコンプレックスとなってしまう人もいます。
そこで仮性包茎を治す方法として、包皮を剥いたままの状態にキープする方法や、器具を利用する方法等を実践する人も存在しています。
しかしこれらの方法は効果が期待できる場合もありますが、結果が出るまでに時間が掛かってしまう為、直ぐに仮性包茎を改善する事が出来る訳ではありません。
もっと手軽に、そして確実に治したいと思ったら手術をする事がベストです。

手術では余っている包皮を除去する方法が取られます。
どの場所で包皮を除去するのかと言う事によって傷の位置等が変わってきますが、それ程傷跡を気にする必要はありません。
ただ泌尿器科で行っている包茎の手術の様に治療が必要な時に行われる手術ではなく、この場合は審美面を重視した手術と言う事になります。
その為、治療費・手術費用に関しては全額自費と言う事になる為、その点については良く理解しておかなければいけません。

また手術をしたらすぐに日常生活に戻る事が出来るという訳ではなく、基本的には抜糸をするまではある程度制限された生活と言う事になります。
ただ制限と言っても病院で指示された通りに行えばそれ程大きな負担となるわけではないので、あまり心配する必要はありません。
また手術自体は痛み等があるのではないかと心配する人もいるでしょうが、基本的には手術中は痛みを感じる事は有りません。
術後に関しては傷が癒えて行く時に痛みを感じる場合がありますが、鎮痛剤を処方してもらう事も可能なので痛みを最小限に抑える事は可能です。

アルコールの摂取、水泳、性行為、入浴等に関してはそれぞれ許可される時期と言うのが違ってきます。
また傷の状態などによっても許可されるかどうかという事が変わってくるため、まずは術後の検診の時に医師に判断してもらう事が重要です。

ABCクリニック 包茎手術が30.000円より受けられます。カードもOK 詳しくは公式サイトへ⇒ABCクリニック美容外科
上野クリニック 長年の実績で好評包茎手術が72.000円。詳しくは公式サイトへ⇒上野クリニック

真性包茎は今すぐ手術をいたしましょう。

包茎手術の費用【男の自信を今すぐ手に入れる】 仮性包茎だと成長に伴って改善することが多いですし、大人になってそのままでも不都合を感じることは少ないでしょう。
そもそも日本人は仮性包茎人口が非常に多く、6~7割にもなると言われています。
いわば仮性包茎こそが男性にとって普通の状態と言えるほどです。
普段は包皮を被っていても、お風呂に入るときにむいて洗うことができれば大丈夫です。
銭湯や温泉に行くときは、事前に包皮をむいておけばよいでしょう。
SEXをするときも同様であり、もし摩擦で痛みを感じるならローションを使用するという手もあります。
治療をするべき包茎とは、包皮をむけずに洗浄できない症状です。
生まれてから一度も包皮をむいたことがなく、恥垢を知らないという方もいます。
こうした方は亀頭に大量の恥垢が付着しており、非常に不衛生ですし、自分が思っている以上の臭いを発しています。
特に女性は下半身の臭いに敏感なので、パートナーがいる方はしっかりと包皮をむいて洗浄しておく必要があり、それが無理ならば包茎手術をする必要があるでしょう。

大人になっても真性包茎の状態の方は、何もせず改善することはありません。
仮性包茎のようにむいて対処することも難しいので、手術で治療をしてください。
仮性包茎の場合でも、真性包茎に近い状態だと判断されるなら手術が必要になることがあります。
例えば包皮をむくことは可能だけど、かなりの痛みを伴うという状態ならクリニックで検査を受けてみるべきでしょう。
検査を受けるかどうかを判断するポイントは、自分自身が苦痛を感じていないか、包皮を無理せずむけるかなどです。
包皮をむけない状態は正常ではないので、これは手術して改善するしかありません。
特に苦痛なくむける場合でも、包茎にコンプレックスを感じているなら手術が必要かもしれません。
下半身の悩み・コンプレックスなどは、その状態を改善しなければ治らないのです。
自分では悩みだと認識していなくても、パートナーがいる方は感染症などのリスクを防ぐためにも治療するべきでしょう。
恥垢とは雑菌の塊なので、そのままでSEXをするのは不潔でもあります。
男性自身も包皮亀頭炎のリスクを高めますし、真性包茎であることに何のメリットもあります。
真性包茎は病気と判断されるため、仮性包茎とは違って保険治療の対象となることが多いです。
事前にクリニック側に保険が使えるかどうか聞いてみるとよいでしょう。
包茎治療の専門クリニックで綺麗に仕上げる場合は保険外になることも多いですが、形状を気にする方はこちらで手術を受けるのが好ましいです。

カントン包茎は速やかに手術いたしましょう。

 包茎手術の費用【男の自信を今すぐ手に入れる】 カントン包茎とは、平常時に亀頭をどうにか露出させることができる状態のものを指します。
包皮の出口の部分が狭くなっているために、無理に亀頭を露出させようとすると、包皮口が亀頭の根本を締め付けてしまって、元に戻せなくなることが考えられます。
軽度なカントン包茎の症状であれば、包皮の締め付けが不快であること以外は日常生活で困ることはないと言えます。
ただし、重度のカントン包茎であれば、包皮を無理にむいてしまったときに、包皮口がペニスを圧迫することで、亀頭の部分がうっ血したり、包皮を亀頭に被せることができなくなります。
この状態で放置してしまうと、うっ血している場所の細胞が死滅する危険性があることから、速やかに専門のクリニックを受診して手術を受けることがおすすめとなります。
無理にむかないように気を付けている場合であっても、性行為時において包皮が向けてしまうことも考えられますので、できるだけ手術を受けて改善させることが大切です。
手術を受けることなく放置してしまったときには、亀頭の発育が遅れてしまって先細の状態になってしまうことや、亀頭の露出が少ないために内側に汚れが溜まりやすいこと、溜まった汚れが酸化することで悪臭を生じさせること、陰毛が包皮に絡まることで、引っ張られて痛くなることや、反対に陰毛のほうが包皮を傷つけることも考えられます。
これらの症状が現れたときには、包皮や亀頭が炎症を行うことで痛みが伴う場合や、通気性が悪いことによって細菌の温床となり、性病にかかりやすい体質になることが懸念されます。
精神的な側面においても障害が発生する可能性があり、カントン包茎であることが理由で異性に対してのコンプレックスを感じてしまい、消極的になってしまうことが考えられます。
不衛生であることで性行為のパートナーに対して、細菌や垢を移してしまうことになり、不妊症や子宮頸がんなどの可能性を高めてしまいます。
性行為を行ったときに包皮が反転してしまうことで、亀頭がうっ血状態になることを防ぐことや、恐怖心によって消極的になることも問題点として挙げられます。
仮性包茎と比較した場合であっても、意図せずに包皮が亀頭に対して危険な状態になる可能性があることから、性生活において大きな影響を与えてしまいますので、健康面のリスクを抱えていると言えます。
重度のカントン包茎の症状を抱えている人の場合には、早急に専門のクリニックなどを受診して、担当医に相談をすることで手術をしたほうが様々なリスクを回避することに繋がります。

体験者様の生の声
↑ ↑ ↑ ABCクリニック公式サイト内体験談です。動画もあるのでわかりやすいです。

上野クリニック
↑ ↑ ↑ 上野クリニック公式サイトはこちらをクリック。包茎の全てがわかります。

 

-男の悩み

Copyright© 健康になれる!お得通販マガジン「heritage311.com」 , 2018 AllRights Reserved.